プロスペクト理論

Prospect theory

こんばんは☆エース☆(@perfectdarkace)です

今日はプロスペクト理論についてです

プロスペクト理論

プロスペクト理論とは簡単に言うと「損するのは嫌だ」と言うことです

コイン問題

例えばコインの表裏当てるゲームがあるとします

表なら資金が2倍になる

裏なら資金が半分になる

ゲームをしなければ1.2倍になるならどうしますか?

たぶんほとんどの人はゲームに参加しないと思います

よほどのギャンブラーではない限り得をするより損はしたくないです

人間って不思議

まずこれをご覧ください

投資をやっている大体の人は損切りが苦手な方が多いと思います

もちろんわたしもですが

これはおかしいことでも何でもなくて人間は

含み損は戻るまで待ちたい

含み益はもっと伸ばしたい

だと思います

こんなことはありませんか?

今日含み益が10%だったのに次の日には含み益が5%になると利益が無くなる前に利益確定したいと思いませんか?

逆に今日含み損が10%だったのに次の日には含み損15%になったら損切りするのためらいませんか?

大損になればなるほど見たくない

だけど利益は最大限まで伸ばしたい

そんな経験はありませんか?

損得問題

あなたは資金が2倍になるのと半分になるとではどちらのほうが気分が変わりますか?

気持ちは

資金が2倍く資産半分

だと思います

失うことは恐怖

大金持ちになって毎日豪遊よりも大損して明日暮らせるかを考えないといけないとなると・・・

それはそれは恐怖ですよね

感情売買

株式投資の基本は、「損小利大」

しかし、すぐに利益確定を行い、一方で損切りができずに放置する「利小損大」

が多いと思います

最後に

このことを頭に入れておいて損切りをできるようにしないとですね

もし損切りが苦手な方は機械的に10%になればなにも考えずに損切りをするなど

自分ルールを作ることが大事です

よかったらシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。