グランビルの法則

Law of Granville

こんばんは☆エース☆(@perfectdarkace)です

今回はグランビルの法則についてまとめてみました

グランビルの法則とは?

株価と移動平均線

グランビルの法則は株価と移動平均線から買うタイミング売るタイミングを見極める法則です

Law of Granville

買いタイミング

買い1

移動平均線が横ばいから上向きに転換し株価が上抜けします

買い2

株価が移動平均線から離れて底打ちし株価が上抜きになったときです

ここは直近で天井を付けて半値ぐらいになったときによく見られるチャートです

買い3

株価が移動平均線に近づきますが移動平均線を割らずに反発したときです

買い4

天井を付けて移動平均線を大きく割り込んで移動平均線との乖離率が大きくなったときです

ここは基本的には移動平均線が下向きになっているので入る際は注意が必要です

天井で掴んだ人の売りが降ってくる場合があるので上値は重たいです

売りタイミング

売り1

株価が移動平均線を割り込むデットクロスになったときです

移動平均線も下向きになっていることが多いです

売り2

株価が移動平均線を上抜けていますが移動平均線が下向きで弱い状態です

騙し上げと思ってもいいですね

売り3

株価が移動平均線に跳ね返される状態です

抜けそうで抜けない弱い状態です

売り4

株価が移動平均線を大きく乖離している状態です

俗に言う利確売りです

まとめ

グランビルの法則は絶対ではないですがたまに当てはまるチャートも見られるので覚えておきましょう

移動平均線はどの足で見るかによって変わりますので自分のスタイルの足で確認するようにしましょう

 

よかったらシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。