複利の法則

Law of compound interest

こんばんは☆エース☆(@perfectdarkace)です

複利の法則についてまとめてみました

複利とは

複利は20世紀最大の数学的発見

ドイツの物理学者アインシュタインが発見しました

投資はこれを最大限に活かす事が大事です

倍々ゲーム

年利10%した場合

元本100万円とした場合

複利の場合

100→110→121→133→146→161

単利の場合は

100→110→120→130→140→150

複利は増えた分を上乗せして元本が増えているので単利より増えていきます

年単位で見るとすごいことに

表にまとめるとこんな感じですね

良いことばかりではない

これまでは良いことばかり紹介しましたが

もちろん逆回転もあります

これも頭に入れておいてください

どういうことかと言うと

元本100円の場合

10%損失→90万

20%損失→80万

30%損失→70万

 

50%損失→50万

70%損失→30万

 

50%損した場合には元本に戻すまでには同じ50%ではなく

倍の100%必要になります

半分になったらもう致命的です

そのため損切りポイントは10%と良く言われます

損失10%なら元本に戻るまでは11%でいいので

まとめ

複利の効果を最大限に利用するにはまずは損失を減らすことです

とりあえず元金をできるだけ守るです

同じ%でも全然意味が違ってくるのでここは覚えておきましょう

よかったらシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。