4391 ロジザード 通販向け在庫管理をクラウドで業務効率化

logizard

こんばんは☆エース☆(@perfectdarkace)です

今回は会社分析です

今年の決算狙いで失敗した銘柄の紹介です

これが前言っていたPER100倍銘柄です

結果的に失敗しましたが投資した理由など書いてみました

会社概要

ロジザードは物流現場における業務効率化と在庫管理の情報活用を推進ご提案させていただく会社です

Amazonなどの大手は自社でシステム管理されているのですが日に100件程度の会社は自社でシステムを持っておらずそういうところに管理システムを提供しています

HP引用

監視銘柄に入れた理由、買った理由

2Q決算出た時点での通期進捗率が80%超えていたからです

しかもここのシステムの解約率は5%以下

ZOZOはここのシステム使っていたのですが解約したらしいです・・・

ZOZOは自社でシステムを整備したそうです

あとシェア率が70%と高く業界1位です

ロジザードの強み

この会社の強みは全部自社開発なので対応が早いところです

特にサポート面に関しては特に力を入れています

注文したはいいけどなかなか届かないなどの不具合はあってはならないので

あと短納期で納品できるところです

システムを導入するだけなので1~3ヵ月あれば導入できます

商品を登録したりするのはシステム利用しているほうなので

ストックビジネスであることも強いです

解約率は5%以下なので定期的にストックがたまっていきます

社長の金澤茂則さんは元アダストリアの在庫管理部門の出身ですというところも強みですね

日経マネーで片山晃さんが銘柄取り上げているのでよかったら参考にどうぞ

created by Rinker
¥750 (2019/08/25 17:28:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥750 (2019/08/25 17:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

デメリット

決して急成長するビジネスモデルではないということです

あと従業員が70名程度なので人手不足に悩んでいます

年5人ずつ増やしていきたいとのことでしたが

AI物流ロボット連携

株式会社アッカ・インターナショナルの現場で、WMSと株式会社ギークプラスが提供するAI物流ロボット「EVE」との連携を開始しましたが

ロボット自体が1台200~300万ぐらいするので導入は難しく現在はハンディータイプのバーコード読み取り機が主となっています

中国はAI物流ロボットが導入している会社があるので需要はあるとは思いますがまだまだこれからですね

3Q決算

内容としてはそんなに悪くはないのですがPER100倍を考えると全然満足できません

これがPER20倍とかなら全然いいのですが期待値が高すぎるんですよね

3Q決算で地合いも相まってストップ安でした

わたしはしっかり投げましたが現在株価は結構戻っていますね

通期100%超えしていても上方修正出さない理由としては先行投資をするか悩んでいるからです

キャッシュあるんだから先行投資してもいいような気がしますが

株価

1回目は75日移動平均線の3000円台で入って3890円をみて移動平均線が交わっている3300円台で利確したんですが

2回目のエントリーは決算跨ぎたかったので移動平均線より株価が乖離していたはわかっていたのですがエントリーしました

まとめ

今回今はやりのサブスク銘柄に投資したのですが見事に失敗でした

時価総額100億円だからまだまだ成長すると思うのですがどうなんでしょう?

今年はグノシー、ロジザードと立て続けにやられたのでメンタル結構やられました

もちろんめっちゃお金も減っているんですけどね

少しわかりにくい業種なのでこれからはこういうのは触らないほうがいいのかな?

今後はサブスク銘柄は盛り上がっていくのかな?

それとも今だけのはやりなのかな?

よかったらシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。